なーちゃんとお散歩

柴犬ななとの日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『またね、富士丸。』


こんにちワンコのなーちゃんです。

母が本を読んで鼻水啜っていました
ワンコの本でした
私も気になりましたが、読めないし泣きたくないから見ませんでした

「茶々とおひるね」で松の実さんが紹介していたこの本、『またね、富士丸。』を読みました。
姉が買ったので貸してもらい一気に読んでしまいました。
いきなり富士丸くんが亡くなったところから始まっています。
黙々と読みました。
最初は泣きませんでした。
富士丸くんの父ちゃん、著者の穴澤さんの、富士丸くんが亡くなってからの生活や、やるせない気持ちがぎっしり詰まった本です。

愛犬を亡くされた経験者であればきっとわかるであろう内容です。

数時間前まで普通に元気にお散歩まで行っていて、留守中にいきなり息を引き取っていたという信じれない亡くなり方をした富士丸くん。
思わず自分に置き換えてしまいました。
同じ立場なら自分はどうなるのか?
いきなりの別れをどうやって受け止めるのか?
わかりません。

全く想像もつきません。
本当に廃人になってしまうのか?

一番泣けた文章がありました。
【写真の中の富士丸はいろいろな表情をしていた。眠そうな顔。何も考えてなさそうな顔。あくびをしている顔。迷惑そうな顔。笑っている顔。その視線の多くはカメラを見ていた。つまり俺を見ていた。あいつは俺のことをずっと見ていた。~あの夜のことだった。あの日俺が出かけなければ。もう少し早く帰っていれば。あいつはどんな気持ちだっただろう。俺を探して机の下に行ったのだろう。ふらつく足で俺がいつも座っている場所へ。そこに俺はいなかった。どれだけ不安だっただろう。どれだけ寂しかっただろう。どれだけ心細かっただろう。待ってたんだろうな。苦しかっただろう。きっと何が起こったかわからなかっただろう。痛い思いはしなかっただろうか。怖い思いはしなかっただろうか。薄れゆく意識の中で最後に何を見ただろう。何を思っただろう。】

泣きました。
ひとりで逝くことの富士丸くんを思い浮かべ泣きました。

ひとりで逝かせてしまった父ちゃんの気持ちを思って泣きました。


今まで家にいたワンコ達の最期を思いだし泣きました。

機会があれば読んでみて下さい。幸せなふたりの写真気に入って載せちゃいました。



YouTubeで元気な富士丸くんに会えます☆

穴澤さんの友人、周りの方達、すごく良い人達ばかりだなと思いました。
恵まれている人なんだなぁと思いました。
スポンサーサイト
  1. 2010/11/04(木) 11:27:39|
  2. 柴犬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<ぽかぽか陽気 | ホーム | お見送り>>

コメント

この本を読んで思ったことは、私はちゃんと看取ることができて本当に良かったなって…

富士丸くんのように独りで逝かせてしまっていたら、私 頭がおかしくなっていたと思います。

最後の最後に私の顔をみて、声も聞いてくれたんだって思うと まだ救われます。
  1. 2010/11/04(木) 12:47:48 |
  2. URL |
  3. 桜ママ #-
  4. [ 編集 ]

ななチロママさん、なーちゃん、こんにちは(^O^)
富士丸くんの事、読んでみるべきかと思いましたが…。
まだ勇気がありません(-.-)
ひとりで逝ってしまったなんて…しかも先ほどまで元気だったのに~(;_;)
もしゴンがそうだったら…私は正気でなく狂っていたかもしれません。
いつかは読もうと思う時が必ずくると思います。
その時はハンカチを手に取り読んでみます☆
  1. 2010/11/04(木) 15:00:45 |
  2. URL |
  3. ゴン太 #-
  4. [ 編集 ]

あ、私 まだ読まない方が良いな(苦笑)
↑ゴン太さんもですね!? そうですよね~。
ゴンちゃんは家族に見送られて、幸せです。
BOSSは 私は居なかったけど
病院で獣医さんや看護婦さんや、、、
お昼休み返上で 見送られてます。
私が居てやれなかった事は 気にしてますが
でも 旅立つ良いタイミングを BOSSは自分で決めたのです。
富士丸さんのタイミングも きっと彼が決定したのですよ~
だからね 居ない時を選んだのは彼なんです。
彼が一人で旅立ちたかったのですよ、、きっと。
違うかな?
読んでないから、、、ゴメンネ。
  1. 2010/11/04(木) 22:04:47 |
  2. URL |
  3. BOSS母 #9K9myg2.
  4. [ 編集 ]

富士丸くん…
私もその本は読めません。
涙涙になっちゃうだろうから…
願いは私の腕の中で、ですが、BOSS母さんが仰るように、
その子がその時を決めるのだと思います。
でも、健気ですよね…
  1. 2010/11/05(金) 17:20:03 |
  2. URL |
  3. milleco #gq9m/OHk
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

桜ママ☆

そやね。ふたりに看取られてサブちゃんは幸せだったよ。安心して逝けたはずやよ。24日お花持ってくから待っててね~サブちゃん☆
  1. 2010/11/05(金) 19:30:23 |
  2. URL |
  3. ななチロママ #-
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

ゴン太さん☆

ゴン太さんにはまだまだ読めないと思います。元気だったのに急死って納得いかないと思ってしまいますね。病気だから、老犬だったから、というならばまだ仕方なかったのかと思いますが。富士丸くんまだ七歳でした。
  1. 2010/11/05(金) 19:34:24 |
  2. URL |
  3. ななチロママ #-
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

BOSS母さん☆

おかしゃんもまだ読まない方がいいですね。そうですね、死ぬときってその子が決めるのでしょうね。富士丸くんの父ちゃんは体にメスを入れるのが嫌で解剖はしなかったみたいですが、私ならどうするかなと考えました。腑に落ちないと思って。元気だったのに。
BOSSくんは最期看取ってあげれなかったけれど、病院の先生や看護師さん達、みんなが側にいてくれて寂しくなかったかもしれないですね。うまく言えずにすみません。
  1. 2010/11/05(金) 19:41:47 |
  2. URL |
  3. ななチロママ #-
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

millecoさん☆

きっと泣きますね。ワンコの本は泣けるとわかっていても読みたくなります。またひとつ良い本に出逢えた気がします。
自分で決めたのでしょうか。そうですね。きっと。でも早すぎるよーと思いました。父ちゃんの気持ち、あんな風になってしまう気持ちなんとなくわかります。いつまでも信じれず全てが止まってしまったような感じでしょうか?うまく表現できませんが。
  1. 2010/11/05(金) 19:48:11 |
  2. URL |
  3. ななチロママ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanabon.blog112.fc2.com/tb.php/137-7355c705
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。